熊谷・深谷市・東松山・比企郡の新築一戸建て仲介手数料無料はFFP不動産コンサルティング株式会社へ

埼玉県東松山市松葉町3-11-16

Q.万一、住宅ローンを断られたら?


Q

万一、住宅ローンを断られたら?

 

A

はい、ご安心ください。

最終的にはローン特約により白紙解約となり、お客様に損害は発生しません。

 

例えば、

最初にA銀行に申し込んだけど断られたとします。

その場合、買主様(実際には弊社が代行します)は次の金融機関に申込みます。

2か所目としてB信用金庫に持ち込みます。

そこで融資OKの返事を目指します。

万一、買主側でやるだけの事はやっても

残念ながらどこの金融機関も融資OKの返事を得られなければ、

最終的には白紙解約となり、支払った手付金は返還してもらえます。

もしも、契約時に不動産会社に仲介手数料を支払っていたのであれば返還してもらえます。

このような場合に備えて、弊社では契約書に

「ローン特約(融資条項)」とうい特約を付して「白紙解約」が出来る様にしておりますのでご安心ください。

 

 

ここで大切な注意点を挙げておきマス

 

上記で記載しました「やるだけの事はやっても」ですが、

通常は一つの金融機関で断られてもそこで白紙解約にはなりません。

最低でも2~3つの金融機関に相談しなければ売主側もローン特約の適用は認めないでしょうし、

法律的にも買主の契約履行義務を満たしているとは言えないのです。

つまり、買主様は決してそんなつもりがなくても「故意に条件成就を妨害した」とみなされてしまう判例が有り、作為的に白紙解約に持ち込ませていると判断されてしまうのです。

かといって、通常の金融機関(都市銀行、地方銀行、信用金庫、等々)だけOKですから、

消費者金融や高利の金融会社にまで相談する必要は有りません。

そこは常識の範囲です。

 

こういったトラブルに巻き込まれてしまう典型例は、

不動産会社や担当営業マンによる強引な営業手法強引な契約誘引行為に起因しています。

こんな事にならないように、もちろん弊社では強引な営業や強引な契約誘引行為は決して行なっていません。

あくまでもお客様の歩調に合わせた情報提供を行なっております。

また、弊社ではご契約前に金融機関に事前審査をしておくことをお勧めしております。

 

とても大切なことですから、

具体的にご検討されているお客様にはきちんとご説明申し上げております。

ありがとうございます