東松山の新築一戸建て仲介手数料無料はFFP不動産コンサルティング株式会社へ

埼玉県東松山市松葉町3-11-16

脳寿命を延ばす

公開日:

カテゴリー: 本棚


メール応接中心のインターネット不動産会社です(^^)/
弊社の得意エリアです(^^)/

東松山市・熊谷市・深谷市
比企郡滑川町・嵐山町・吉見町・鳩山町
を中心に、
新築一戸建て・中古一戸建て・土地

を、「仲介手数料最大無料!」からご紹介中です(^^)/

 

いつも弊社HPをご覧いただき誠にありがとうございます(^^)

 

好きな小説家、小説ジャンル等は、
まるでパンツの中を覗かれている様で恥ずかしいので、
ここではそれ以外のジャンルで掲載。

 

既に超高齢社会に入って久しいです。

高齢化社会ではなく超高齢社会です。

相続マーケットは拡大の一途。

生前贈与、遺言、成年後見制度等々と並んで認知症対策が必須な昨今。

家族信託(民事信託)案件を仕事の一端として関わっている私としては正に自分事です。

健康寿命は死亡。

脳寿命の典型例は認知症。

例えば健康寿命が100歳であれば脳寿命が70歳。

健康寿命の前に脳寿命が訪れます。

脳寿命が訪れてしまったら、そこから健康寿命までの間の30年間は、

一切の法律行為、相続対策ができません。

認知症になってしまったら、

例えば不動産の購入、売却、賃貸借契約、更新、建築、リフォーム、遺言、融資、まだまだたくさん・・・出来ません。

そして金融機関の預金口座も凍結されます。

とても生活が不便に陥り、ご家族も大変な状況です。

そもそも、ご本人に正常な判断能力が無いため、
弁護士、税理士、司法書士、土地家屋調査士、不動産会社、保険会社、金融機関、役所からは、ご家族からの相談は全てお断りされてしまいます。

たとえ認知症かもしれない事をご家族が隠しても、
ご本人の面談は必ず行なわれますので、
その段階でアウト判定になってしまいます。

そうすると、

すでに手遅れなので家裁に成年後見人の申し立てをするしか有りません。

成年後見制度は極めて保守的で様々な制限が有り、原則死亡するまで毎月多額の費用が発生します。

毎月費用の発生する専門家に成年後見人の依頼を回避して、

たとえお身内で成年後見人に立候補しても、

昨今での家裁ではお身内の後見人を却下され費用の発生する弁護士や司法書士を立てさせられます。

理由は家裁は忙しく、素人に後見人の仕事は間違いだらけで家裁の仕事が進みにくいからです。

そうならないために、

認知症を防ぐ脳の鍛え方として、

トランプ、将棋、囲碁、麻雀、等々。。。

対人でのゲームが手っ取り早いそうです。

一方、数独、脳トレ、等の一人でできるモノはほとんど脳の刺激には寄与しないらしいです。

また、運動は週に3回、各回30分程度の有酸素運動(少し早めの歩き等)がベスト。

毎日の飲酒はNG。

最後に、脳に効く飲食物は無い。。。

他にも色々ありますが♪

 
 
FFP不動産コンサルティング㈱を宜しくお願いいたします(^o^)/