熊谷・深谷市・東松山・比企郡の新築一戸建て仲介手数料無料はFFP不動産コンサルティング株式会社へ

埼玉県東松山市松葉町3-11-16

仲介手数料3%+6万円の6万円って何?

公開日:

更新日:2019/08/12

カテゴリー: 不動産コンサルティング


メール応接中心のインターネット不動産会社です(^^)/
弊社の得意エリアです(^^)/

東松山市・熊谷市・深谷市
比企郡滑川町・嵐山町・吉見町・鳩山町
を中心に、
新築一戸建て・中古一戸建て・土地

を、「仲介手数料最大無料!」からご紹介中です(^^)/

 

 

本来、仲介手数料の計算は、

宅建業法という法律に明文規定があります。

その内容は価格に応じて段階的に手数料が変わるものであります。

ですから、一定金額に達するごとにその都度計算を重ねて、

それらの合計額が仲介手数料となります。

しかし、その計算は手間がかかり、お客様にとっても宅建業者にとっても

非常にややこしい計算となっていまいます。

そこで簡易な計算方法として、仲介手数料の速算表というのを用いて計算します。

 

速算表

      取引価格  媒介(仲介)手数料率
    ~200万円以下     取引価格×5%
 200万円超~400万円以下   取引価格×4%+2万円
     400万円超~   取引価格×3%+6万円
   
「以上」・・・ちょうどその数字も含む
「以下」・・・ちょうどその数字も含む
「超える」・・・ちょうどその数字は含まない
「未満」・・・ちょうどその数字は含まない

 

では、

例えば、取引価格3,000万円の不動産の仲介手数料を計算してみます。

(※とりあえず消費税は考えないで計算してみます。)

 

3,000万円×3%+6万円=96万円

仲介手数料は96万円となります。

計算方法はこんなカンジでOKです

 

では、

計算式にある「+6万円」って何なの???

 

ちゃんと根拠があります♪

 

ここからは、判り易く 取引価格1,000万円の不動産で計算してみます。

 

まず「速算表」に基づく計算と、次に原則通りに分解して計算して比較してみます。

計算の結果が一致します♪。

 

  • 速算「取引価格×3%+6万円」で計算

 

1,000万円×3%+6万円36万円

A.仲介手数料は36万円

 

  • 原則通りに分解して計算

 

~200万円以下 (200万円分)       →    200万円×5%10万円・・・

200万円超~400万円以下 (200万円分) →    200万円×4%8万円・・・

400万円超~ (残りの600万円分)     →    600万円×3%18万円・・・

 

①+②+③=36万円

A.仲介手数料は36万円

 

      速算表を使って計算     正規の計算方法(分解して計 算)
  1,000万円×3%+6万円=36万円      200万円×5%=10万円・・・①
     200万円×4%=8万円・・・②
     600万円×3%=18万円・・・③
        ①+②+③=36万円

 

両方の仲介手数料の計算結果は36万円です。

従いまして、原則通りに分解して計算するのはややこしくてみんなが判りにくいので、

速算表を使って計算します。

つまり、計算式内にある「+6万円」「+2万円」速算式となっている訳です

これならお客様も宅建業者も計算が判りやすいですから♪

FFP不動産コンサルティング㈱を宜しくお願いいたします(^o^)/